介護職員初任者研修

令和3年度 介護職員初任者研修は休止致します

介護職員初任者研修とは

平成25年4月より、従来の「ホームヘルパー2級」から名称を変えてスタートした資格研修です。
介護に携わる人が最低限の知識・技術を身につけ、基本的な介護業務を行なえるようになることを目的としています。
介護福祉施設や在宅介護に従事するためには必須資格であり、家庭介護にも活かせます。
また、家庭介護を行っている方への助けになるべく各施設の近隣地域の方々へ知識提供や研修を行っております。
社会貢献となるべく福祉業界へのサポートを積極的に行うことが富士白苑の使命だと考えております。

受講資格

年齢・性別・学歴・国籍などを問わず、どなたでも受講して頂く事ができます。
介護職員初任者研修の受講につきましては、下記の手順にて受付を行い、受講者を決定いたします。

   電話でお申し込み頂きます。
    お申し込み後(お申込み施設から)に申請書とアンケート用紙を送付いたします。

   期限内に申請書をご返送頂いた方から順番に面談を行い、受講者を決定させていただきます

※研修の中で実技演習がありますので、重い腰痛症の方や妊婦の方はお断りする場合がありますのでご了承ください。
※他介護施設等で就業されている方の受講(資格取得を目的とした方)はご遠慮いただいております。

資格取得の要件

全科目に出席し、修了評価試験に合格(70点以上)した方に介護職員初任者研修修了証明書を授与いたします。
全科目出席が条件となりますので、欠席は認められません。
ただし、やむを得ない事情で欠席した場合は、補講を受けていただくことになります。
※その場合、補講料は無料です

研修カリキュラム【通学のみ】

  • 年間予定表
    ◎通学制のみ
  • 通学回数
    通学制 21回+修了式

お申込み・お問い合わせについて

受講をご希望の方は各施設(受講したい施設)へ直接お電話、
又は、お問合せフォームにて申し込み下さい。

法人サイトへ